ジャージー牛ってご存知ですか?

ジャージー牛は、英領ジャージー島原産の乳牛です。一般的な乳牛としてよく知られている白黒模様の「ホルスタイン種」と比べて、小柄な体格ですが、その牛乳は濃くて味わい深いという特徴があります。また人懐っこく愛嬌のある性格も特徴のひとつです。 ジャージー牛の飼養頭数は少なく、国内の乳牛のわずか0.8%と希少な乳牛ですが、1954年から導入した岡山県蒜山高原をはじめ、北海道や熊本(小国)などで主に飼養されています。

■乳牛の飼養頭数(平成31年1月現在)

種別
頭数(全国)
構成比
ホルスタイン種 1,351,000 98.7%
ジャージー種 11,259 0.8%
その他 6,858 0.5%
合計 1,369,117 100.0%
(独)家畜改良センターホームページ(平成31年1月度)よりオハヨー乳業にて作成

蒜山高原

■牛乳の違い(ホルスタインとジャージー)

ホルスタイン種と比較すると、ジャージー種は体格が小柄で搾乳量も少ないですが「乳脂肪分」「乳たんぱく」「無脂乳固形分」のすべての項目で上回っています。これが、ジャージー乳を使用した乳製品やデザートが「濃厚」で「コクのある」おいしさになる理由のひとつです。
種別
平均搾乳量(kg)
乳脂肪分(%)
乳たんぱく(%)
無脂乳固形分(%)
ホルスタイン種
9,633
3.88 
3.28
8.75
ジャージー種
6,468
4.89
3.88
9.28
家畜改良事業団・平成29年度検定成績(305日2回搾乳)(平成31年1月度)よりオハヨー乳業にて作成

オハヨー乳業のミルクへのこだわり