オハヨーのこだわり


素材へのこだわり

おいしさとともに、私たちが大切にしたいのは、笑顔あふれる「健やかなくらし」です。
私たちは、食の素材が持つ様々な保健的機能の研究部門として、2000年に「基礎研究室」を設置。乳酸菌をはじめとする微生物や様々な食品素材を対象に、専門の研究員が「健康の増進に役立つ食品」を生み出すための基盤となる研究を進めています。

例えば、2000年に私たちが発見した「L-55乳酸菌」
これまでの研究によって、「アレルギー疾患に対する緩和効果」「花粉症の症状を緩和する効果」などの働きがわかってきました。
この他にも、岡山県産の白桃から見出した「植物乳酸菌P2L9」や、内モンゴル産の馬乳酒から分離した「馬乳酒酵母S4-A」などの保健効果が研究によって明らかになってきています。

L-55乳酸菌の電顕写真L-55乳酸菌の電顕写真

おいしいだけではなく、機能を備えた“価値あるおいしさ”をお届けしたい。
そして、商品を通じて皆さまの健やかなくらしを応援したい。
基礎研究へのこだわりは、そんな私たちの思いに支えられています。

「健やかなくらし」のために。オハヨー乳業基礎研究室
私たちは、食品の機能性研究を通じておいしさとともに皆様の健やかな毎日を応援いたします。
オハヨー乳業 基礎研究室

基礎研究室のこれまでの取り組みや、学会等で発表してきた研究成果については特設サイトにて詳しくご紹介しています。